お知らせ」カテゴリーアーカイブ

【参院選2022アンケート回答】宮崎県選挙区 立憲民主党 くろだ奈々候補

宮崎県選挙区 立憲民主党 くろだ奈々候補候補からワクチン接種等に関するアンケートの回答を頂きました

質問①

『メリットが小さく、デメリットの方がずっと大きい』子供へのワクチン接種反対していただけますか?

〈新型コロナでの死亡率が『60代以上の5000分の1以下』かつ、重症化率も中高年と比べて恐ろしく低い子供へのワクチン接種はデメリットの方がずっと大きい』ことは明確に統計に出ています。〉


回答:はい・いいえを答えず 子どもの重症化リスクの比率は低いため、接種を急ぐ必要はないと考えます。しか
し、基礎疾患を抱える子どもや免疫不全の家族と同居する子どもにだけは推奨します。

質問②

ワクチン副反応を起こされている方達への救済が全く行われていないように思えますが、副反応の徹底調査と被害者の救済賛成していただけますか?

〈日本で1700人以上が“接種後に死亡”(アメリカでは2万8千人以上)し、その10倍以上の方が“重大な副反応に苦しんでおられる”と言う統計があります。(欧米での有害事象報告でも同様の報告がなされています。)ワクチン副反応を起こされている方達への救済が全く行われていないように思えます。〉回答:「はい」

質問③

4項目脱原発 安保法制廃止 消費税減税 憲法改悪阻止)及び、次の2案
コロナ禍における経済対策として、『一律給付金の配布』(れいわ新選組政策案参考)
コロナ等の感染症対策として、イベルメクチン他の純国産の経口薬の使用の解禁を求める『日本版EUA法案』(立憲民主党政策案参考)
ご賛同くださいますか? 

回答:はい・いいえを答えず 基本的に賛成の方向ですが、安保法制については違憲部分の廃止、消費税は時限的な5%減税、給付金は新型コロナウイルス感染拡大の影響で減収した「ワーキングプア」や低年金者への臨時の給付金(5万円)の支給を求めています。

【参院選2022アンケート回答】神奈川選挙区 日本共産党 あさか由香候補

神奈川選挙区 日本共産党 あさか由香候補からワクチン接種等に関するアンケートの回答を頂きました。

質問①「メリットが小さく、デメリットの方がずっと大きい」子どもへのワクチン接種に反対していただけますか?〈新型コロナでの死亡率が『60代以上の5000分の1以下』かつ、重症化率も中高年と比べて恐ろしく低い子供へのワクチン接種はデメリットの方がずっと大きい』ことは明確に統計に出ています。〉

回答:

(コメント)ワクチン接種は個人の自由な意思に基づくもので、子どもも大人も強制や圧力には反対です。同時に、希望する人には安全・迅速に行われるべきと考えます。

質問②「ワクチン副反応を起こされている方たちへの救済が全く行われていないように思えますが、副反応の徹底調査と被害者の救済に賛成していただけますか?」〈日本で1700人以上が“接種後に死亡”(アメリカでは2万8千人以上)し、その10倍以上の方が“重大な副反応に苦しんでおられる”と言う統計があります。(欧米での有害事象報告でも同様の報告がなされています。)ワクチン副反応を起こされている方達への救済が全く行われていないように思えます。〉

回答:はい

(コメント)副反応・健康被害の事実調査、原因の徹底究明と被害者の治療・救済・補償を行うべきです。

質問③

4項目脱原発 安保法制廃止 消費税減税 憲法改悪阻止)及び、次の2案

コロナ禍における経済対策として、『一律給付金の配布』(れいわ新選組政策案参考)
コロナ等の感染症対策として、イベルメクチン他の純国産の経口薬の使用の解禁を求める『日本版EUA法案』(立憲民主党政策案参考)
ご賛同くださいますか? 

回答:はい

(コメント)4項目に賛同します。「コロナ危機で収入が減った人、生活に困っている人に一律10万円の特別給付金を数兆円規模で支給する」ことを提案しています。「日本版EUA」については今後検討したいと考えますが、国産治療薬の開発は重要であると考えます。

【参院選2022アンケート回答】参院選北海道選挙区 日本共産党 はたやま和也候補

 北海道選挙区 日本共産党 はたやま和也候補からワクチン接種等に関するアンケートの回答を頂きました。

質問①「メリットが小さく、デメリットの方がずっと大きい」子どもへのワクチン接種に反対していただけますか?〈新型コロナでの死亡率が『60代以上の5000分の1以下』かつ、重症化率も中高年と比べて恐ろしく低い子供へのワクチン接種はデメリットの方がずっと大きい』ことは明確に統計に出ています。〉

回答:どちらとも言えない

接種の強制や接種へむけた圧力はあってはならず、反対します。ワクチン接種と副反応に関する徹底した調査と情報公開を行うべきです。基礎疾患のある方々などを含め、希望する人には安全・迅速な接種につとめます。子どもであれ大人であれ、ワクチンの接種は情報公開と個人の自由な意思に基づく必要があることを徹底します。

質問②「ワクチン副反応を起こされている方たちへの救済が全く行われていないように思えますが、副反応の徹底調査と被害者の救済に賛成していただけますか?」〈日本で1700人以上が“接種後に死亡”(アメリカでは2万8千人以上)し、その10倍以上の方が“重大な副反応に苦しんでおられる”と言う統計があります。(欧米での有害事象報告でも同様の報告がなされています。)ワクチン副反応を起こされている方達への救済が全く行われていないように思えます。〉

回答:はい

副反応は徹底して調査し、結果も公表すべきです。そして、因果関係が明確に否定されない限りは幅広く救済・補償すべきであり、医療費を保障する仕組みも必要です。とりわけ、ワクチン接種後の副反応疑いの死亡事例が1600件以上報告されているなか、救済制度による死亡一時金申請受理件数は100件強にとどまり、救済された事例は1件もありません。韓国では9000件が救済され、審査が簡便で対象も広いと報告されています。ワクチン行政は救済がセットであることが不可欠であり、早急な事態の改善が必要です。

質問③「4項目(脱原発、安保法制廃止、消費税減税、憲法改悪阻止)及び、次の2案にご賛同くださいますか?」

・コロナ禍における経済対策として、「一律給付金の配布」

・コロナ等の感染症対策として、イベルメクチン他の純国産の経口薬の使用の解禁を求める「日本版EUA法案」

回答:はい

4項目については、完全に賛同いたします。「一律給付金」については、コロナ危機で収入が減った家計への支援として、1人10万円を基本に特別給付金を5~6兆円規模で支給することを提案します。「日本版EUA」は、安全性や有効性の評価基準や、生じるリスクに関する説明責任の明確化、徹底した情報収集・監視体制も含め、今後検討をします。ワクチンや治療薬の研究・開発に関する財政支援は、他の対策と含め予防や重症化を防ぐ観点で推進することが必要だと考えます。

【参院選2022アンケート回答】ワクチン接種に反対でも賛成でもない理由

質問① 

『メリットが小さく、デメリットの方がずっと大きい』子供へのワクチン接種に反対していただけますか?

〈新型コロナでの死亡率が『60代以上の5000分の1以下』かつ、重症化率も中高年と比べて恐ろしく低い子供へのワクチン接種はデメリットの方がずっと大きい』ことは明確に統計に出ています。〉

に対し、「どちらでもない」と回答をされた候補とその理由

栃木選挙区候補 岡村けい子
「ワクチン接種は個人の意思により行うかどうか選択すべき。接種を強いることには反対。希望者に迅速に安全に実施できるようにする必要があります。」

埼玉選挙区候補 梅村さえこ
「ワクチン接種は個人の自由な意思にもとづくもので、こどもに対してもおとなに対しても、接種の強制や圧力には反対です。同時に、接種を希望する人には安全かつ迅速に接種が行われるべきだと考えます。」

神奈川選挙区候補 あさか由香
「ワクチン接種は個人の自由な意思に基づくもので、子どもも大人も強制や圧力には反対です。同時に、希望する人には安全・迅速に行われるべきと考えます。」

愛知選挙区候補 すやま初美
「ワクチン接種は個人の自由な意思にもとづくもので、子どもも大人も、接種の強制や圧力には反対です。同時に、希望する人には安全・迅速に接種が行われるべきと考えています。」

滋賀選挙区候補 石堂あつし
「ワクチン接種は個人の自由な意思にもとづくもので、子どもも大人も、接種を強制したり、圧力をかけたりすることには反対です。同時に、接種を希望する人は、安全に迅速に接種が行われるべきだと考えます。」

京都選挙区 たけやまさいこ 
「ワクチン接種については、子どもも、大人も、うつ、うたないは個人の自由意思によるべきで、接種を強制するのは問題ですが、一方で、希望する人に接種しないことも問題です。」

鳥取・島根選挙区 村上たいじろう
「個人の判断によるのがよい」

福岡選挙区候補 まじま省三
「ワクチン接種は個人の自由な意思に基づくものです。子どもにも大人にも、接種を強制したり圧力をかけることには反対です。同時に、希望する人には安全、迅速に接種が行われるべきだと考えています。」

長崎選挙区候補 安江あや子
「ワクチン接種は個人の自由な意思にもとづくもので、子どもも大人も、接種の強制や圧力には反対です。同時に、希望する人には安全・迅速に接種が行われるべきと考えています。」

【参院選2022アンケート回答】参院選茨城県選挙区 日本共産党 大内くみ子候補

 茨城県選挙区 日本共産党 大内くみ子候補からワクチン接種等に関するアンケートの回答を頂きました。


質問①

『メリットが小さく、デメリットの方がずっと大きい』子供へのワクチン接種反対していただけますか?

〈新型コロナでの死亡率が『60代以上の5000分の1以下』かつ、重症化率も中高年と比べて恐ろしく低い子供へのワクチン接種はデメリットの方がずっと大きい』ことは明確に統計に出ています。〉


回答:

ワクチン接種は個人の自由な意思にもとづくものです。誰に対しても、接種に対する強制や圧力には反対です。同時に、希望する人には安全・迅速に接種が行われるべきと考えています。

質問②

ワクチン副反応を起こされている方達への救済が全く行われていないように思えますが、副反応の徹底調査と被害者の救済賛成していただけますか?

〈日本で1700人以上が“接種後に死亡”(アメリカでは2万8千人以上)し、その10倍以上の方が“重大な副反応に苦しんでおられる”と言う統計があります。(欧米での有害事象報告でも同様の報告がなされています。)ワクチン副反応を起こされている方達への救済が全く行われていないように思えます。〉


回答:「はい」

接種後に起こっている副反応・健康被害について事実を調べながら、原因の徹底究明と被害者の治療・救済・補償を行うことを政府に要求しています。    

質問③

4項目脱原発 安保法制廃止 消費税減税 憲法改悪阻止)及び、次の2案
コロナ禍における経済対策として、『一律給付金の配布』(れいわ新選組政策案参考)
コロナ等の感染症対策として、イベルメクチン他の純国産の経口薬の使用の解禁を求める『日本版EUA法案』(立憲民主党政策案参考)
ご賛同くださいますか? 

回答:「はい」

4項目に賛同します。日本共産党は「コロナ危機で収入が減った人、生活に困っている人に一律10万円の特別給付金を数兆円規模で支給する」ことを提案しています。「日本版EUA」については今後検討したいと考えていますが、国産治療薬の開発は重要であると考えています。

以上。頂いた回答は、

【参議院選挙2022】私たちの暮らしが良くなる候補者リスト
(↑クリックしてご覧ください。)

に反映させて頂きました。

ありがとうございました。

第26回参院選おススメ候補にアンケートを実施しました。

第26回参議院議員選挙立候補者各位

アンケートご協力のお願い

 突然のご案内、失礼いたします。 

 当会は埼玉県熊谷市に活動拠点を置く黄色いリボンの会と申します。投票率アップと政権交代を目的に、有権者のみなさまにおススメしたい候補者をホームページ(黄色いリボンの投票応援サイト)に掲載する活動をしております。ご多忙の中、恐縮ですが、以下の質問にご回答をお願い致します。結果をHP(黄色いリボンの投票応援サイト)に反映させていただきます。

質問① 『メリットが小さく、デメリットの方がずっと大きい』子供へのワクチン接種に反対していただけますか?

〈新型コロナでの死亡率が『60代以上の5000分の1以下』かつ、重症化率も中高年と比べて恐ろしく低い子供へのワクチン接種はデメリットの方がずっと大きい』ことは明確に統計に出ています。〉

回答:はい・いいえ

質問② ワクチン副反応を起こされている方達への救済が全く行われていないように思えますが、副反応の徹底調査と被害者の救済に賛成していただけますか?

〈日本で1700人以上が“接種後に死亡”(アメリカでは2万8千人以上)し、その10倍以上の方が“重大な副反応に苦しんでおられる”と言う統計があります。(欧米での有害事象報告でも同様の報告がなされています。)ワクチン副反応を起こされている方達への救済が全く行われていないように思えます。〉

回答:はい・いいえ

質問③ 4項目(脱原発 安保法制廃止 消費税減税 憲法改悪阻止及び、次の2案

・コロナ禍における経済対策として、『一律給付金の配布』(れいわ新選組政策案参考)

・コロナ等の感染症対策として、イベルメクチン他の純国産の経口薬の使用の解禁を求める『日本版EUA法案』(立憲民主党政策案参考)

にご賛同くださいますか?  

回答:はい・いいえ

 以上のアンケートをFAXで送付させて頂きましたが、お手元に届いていない選挙事務所がございましたら、お手数ですが、以下のPDFをダウンロードして、回答をyellow-r@children-future-design.jpまで送信して下さると助かります。よろしくお願いいたします。

 なお、頂いた回答でサイトを随時更新しますので、以下をクリックして頂くといつでもご確認できます。

なぜ、黄色いリボンは”憲法改悪阻止”なのか

なぜ、憲法改悪阻止しなければいけないのか…


自民党が改正しようとしている日本国憲法案はとてもキケンです。

まずは、自民党の改憲草案を知ることから始めましょう。

自民党改憲草案憲法はどうわる
https://kaikensouan.com

をクリックしてご覧ください。

現状、このままだと100%変わります。

ゆくゆく、核武装に先制攻撃です。

更に大国から言い値で武器を買わされ続け、国民の暮らしはますます厳しくなって行くでしょう。


参議院選挙で改憲勢力が3分の2議席を占めると憲法改正発議が行われ、自民党案による憲法改悪に向かう恐れがあります。
そのため、なんとしてでも、参議院選挙で改憲勢力3分の2を絶対に阻止する必要があります。

第26回参議院議員選挙

2022年7月10日投開票

私たち、黄色いリボンの会は、憲法改悪阻止に賛同する政治家を応援しています。

オススメ候補者一覧を作成しました。

↑↑クリックするとおススメ候補をご覧いただけます。

改憲勢力とは、自民党・公明党・日本維新の会・国民民主党です。

それ以外の4野党(立憲民主党・日本共産党・社会民主党・れいわ新選組)を私たちは応援しています。

自民党憲法改正案による憲法改悪を止めるためにも、改憲勢力3分の2議席絶対阻止にご協力をお願い致します。

ウクライナ問題に関する黄色いリボンの会の声明

ロシアのウクライナへの軍事侵攻
及びそれに対する日本政府の対応について

 まず、いかなる理由があろうとも、『軍事力による国際秩序の変更』は『国際法の重大な違反』の疑いが濃厚で、そのことに対して厳しく『非難』し、『侵攻の内容(どの程度国際法を侵害しているか)を徹底検証』する必要があります。

(☆ロシアは侵攻の理由として①NATO諸国が“約束破り”のNATOの東方への拡大を行ったこと②ウクライナ東部のロシア系の住民をウクライナ政府が弾圧したことを挙げていて、『ロシア系住民の保護』をも理由にしています。)

 それに対してNATO諸国はロシアを非難し、(第三次世界大戦のリスクを踏まえて)直接戦争への介入はせずに“経済制裁”の強化(2014年から経済制裁は続いています)“武器(種々の装備)の支援”を行っています。

 ここからが本題になります。

 “経済制裁”は“世界の3/4の国々が同調しない”ことで単に実効性に問題が起きているだけでなく、

①(原油や天然ガスの価格の高騰などで)ロシアの貿易による収入が『4月だけで1兆円の増収(ロイター通信より)』になり、『長期的には約40兆円程度の増収(ブルームバーグより) 』となり、ロシアの軍事的な妨害になるどころか、『大幅に支援』している結果になっている。

②“ロシア産の非常に安価な天然ガスや大量の原油”への規制がはいったことで、“世界中が物価高騰”のあおりを受けている。(ロシア産の安価な天然ガスの恩恵を受けていた)“欧州諸国はすさまじい生活費の高騰”になり、食糧や(天然ガスを材料にする)“化学肥料”の世界的な高騰は世界中の貧困層の『飢餓リスク』を増大させ、さらにリスクが上昇する懸念をもたらしている。

 “武器支援”は“ウクライナ軍が不利になりにくい”効果はあるものの、『戦闘の激化』をもたらし、現時点で『停戦』や『講和』の目途が立ちにくい状況になっている。(※一応停戦交渉自体は行われているようです。)

 さらに“ウクライナのNATO加盟希望”が戦争の一因にもなっている(ロシアはそう主張)状況でNATO諸国は“武器支援”には熱心な一方、『停戦交渉』には非常に“消極的”に見えるだけでなく、しばしば、『プーチン政権を倒すのが目的』というような“挑発的な発言”も垣間見られる。

 上記の状況を踏まえ、私たち“黄色いリボンの会”はウクライナ戦争による“直接、間接的な被害者を最小限”にすることを願い、以下の提言をします。

◎戦争の被害を最小限にするために『即時停戦』を強く訴えます。

 そのためには、①『戦争停止に効果がない』だけでなく、『世界中の物価高騰や“飢餓リスク”を高める』“経済制裁”の速やかな停止、および、②『戦争を長引かせ』かつ『戦闘をより悲惨なものにする』リスクの多々ある“武器支援”の速やかな停止を『即時停戦』の条件とします。

◎岸田政権の今回のウクライナ戦争への対応について

 戦争当初は『比較的中立の姿勢』に見えた岸田政権ですが、『アメリカの駐日大使の助言』を受けて、一気に『NATO諸国べったり』に見える対応に変化したように見えます。

 “世界の3/4の国々”が“経済制裁に不参加”な状況で、『積極的に経済制裁参加』し、『“一方の当事者”のゼレンスキー大統領の国会演説』を積極的に開催し、『“戦争当事者でもない”のに、ロシアの外交官を追放』するのは『積極的にロシアを挑発』しているようにしか見えません。

 『平和条約を締結していない』ロシアとは『朝鮮戦争同様に“停戦している”だけ』で、何かのきっかけで『戦争がいつ再開してもおかしくない』ことを肝に銘じる必要があります。

 いつ『開戦してもおかしくない』状況では『交渉のテーブルを確保しておく』ことが非常に大切なのに、核大国であり、“世界最強クラスの軍隊を持つ”ロシアとの『交渉ルートを自ら断つ』のは“自殺行為”にしか見えません。

 様々な『外交能力』『危機管理能力』に欠ける岸田政権は大いに問題であり、さらに自民党内には『改憲して核武装が必要』とか、『さらに危機リスクを大きく高める』主張をする人たちまでいます。

 今の状況で“自民党を支持”することは“日本のリスクを無限大”にするようなものに思えます。

 そこで、次の参議院選挙では、まるで“戦争拡大を望んでいる”かのように“経済制裁”と“武器の支援”を応援するメディア報道に捉えられる事無く、『理性を持ってウクライナ問題に取り組める』政治家たちを選ぶべきだと考えます。

  黄色いリボンの会
2022年5月9日

☆なぜ、黄色いリボンは“脱原発”なのか?

なぜ、“脱原発”なのか?

 2011年の福島原発事故で私たちは、原発が地震や津波あるいは他国からの攻撃に弱いことを知りました。

 事故後に適切な対処ができていなければ、人の住めない東日本になっていたことでしょう。

【参考】http://chikyuza.net/archives/8887
『原発を並べて自衛戦争は出来ない』(上)(下)2011年 4月 20日スタディルームもし原発が破壊されたら?小倉志郎想定外の出来事<小倉志郎(おぐらしろう):元東芝技術者>

【その他ご意見】

脱原発支持の理由(山下友宏氏)

①放射能の健康被害を国や御用学者がもみ消してしまう可能性が高いから(政治が再稼働を諦めたら救済法などの話も進展する)

②国家安全保障上極めて危険だから(ウクライナ情勢のように武力による侵攻の標的になり、テロや武力攻撃を受けたら防ぐのは不可能だから)

③脱原発したら、これまでもみ消された本物の再エネ(バイオオイル、地熱、小型水力)が見直され、経済的にもエネルギー自給率でもむしろプラスになるから(例えば地熱だけみてもFIT価格26円で原発24基分ポテンシャルがあるのが昔からわかっていて、原発プロパガンダや天下り官僚が昔から邪魔してきた)

④放射ゴミ、核燃料サイクルは事実上破綻し、核のゴミを未来世代にまわしてしまうから⑤福島原発事故対応や、廃炉技術は、産業にもなり、雇用の問題は、政治としてしか解決できないから(原発の未練がある方がマイナスと私は思います。)

⑤の雇用の問題は、連合が原発再稼働にこだわる障壁であり、このあたりが動かなきゃ、世論は動かないかもしれないです。

私からしたら理由①-④だけでも、脱原発しかないのですけど…
テレビ新聞は、再エネプロパガンダ、原発プロパガンダになってしまっています。マスメディアが癌なんですけど、マスゴミの心地よい嘘が一番手強いです。

私が脱原発を支持する理由(大塚文明氏)

①放射能は、人間の扱えるモノでは無い事。 現代の科学、技術では、無能化する事が出来ず、人の細胞並びにDNAを損傷するものである事。 核種によって、万年、億年単位の影響がある。

②国土環境、防衛安全保障の上から、54基の自爆核兵器を抱えているのと同じで、自然災害の他、ドローン、ミサイルなどで簡単に破壊され、現代核兵器爆発と同等の被害が人と自然環境に及ぶ事。

③使用済核燃料の処分が実質不可能である事。 原発を使わなくとも、水素を液化して、ガソリンと法的に同等に扱えるMCH技術を使えば、水素をガソリンスタンドで扱え、タンクローリーで運べます。 日本の海洋国、火山国としてのエネルギーを潮流発電、地熱発電として使い、風力、太陽光などと合わせてMCHを活用すれば、日本はエネルギー大国と成り、エネルギーの独立国に成れます。 原発を使わなくとも十分やって行けます。

【こちらのリンクもご参考までに】小坂武詩氏の見解

https://ameblo.jp/gendainoshinjitsu/entry-12327018244.html

(上記リンクの目次)

◆原発は安全だというのは本当か

◆日本が電力不足だというのは本当か

◆原発はコストが安いというのは本当か

◆原発はCO2を排出しないというのは本当か

◆電力会社の利権

◆政治家の利権

◆官僚の利権

◆地方自体の利権

◆まとめ

最後に一言、

これでもあなたは原発に賛成しますか?